親子ドアでバリアフリーな家づくりをする

玄関ドアは実は様々な種類のドアがあります。マンションなシンプルな玄関ドアから引き戸まであるのですが、玄関ドアの広さによって通行のしやすさやドアの価格も変わってくるのです。

今回は親子ドアにスポットを当ててご紹介します。玄関ドアを広く使う事ができるので、車椅子の方や高齢者でも快適に玄関の出入りが出来るようになるのです。

玄関ドアの種類

まずは玄関ドアにどのような種類があるのかを押さえておきましょう。玄関の幅や奥行きによっては選べない玄関ドアもあります。新しい玄関ドアを選ぶときには自分の玄関の広さも考えながら選ぶのがポイントです。

片開きドア

シンプルに1枚のドアで片方にドアノブやハンドルをつけて開いて使うドアです。玄関をコンパクトに使用する事が出来るので、玄関の幅をあまり広く取る事ができないマンションでも使用頻度が高いドアです。

親子ドア

大きさの異なるドアを組み合わせて、大きいドア(親扉)を普段の出入りで使い、小さいドア(子扉)は大きいのものを搬入するときのみ使うように設計されている開き戸です。片開きドアよりは少し幅広い玄関になります。

両開きドア

大きさの同じドアを二つ組み合わせてどちらのドアからも出入りできるようにしているドアです。玄関の幅を一番広く使う事ができます。一方で玄関の幅がある程度広くないと使用することのできないドアです。

袖付き片開きドア

片開きドアの横に袖と呼ばれる窓をつけたドアのことです。見た目は親子ドアと似ています。親子ドアよりも費用は安く、玄関ドアを大きく窓をつけられます。玄関の幅は片開きドアよりも広い必要がありますが、実際に出入りする際には片開きドアと同じ幅となります。

引き戸

ドアを横にスライドして開け閉めするタイプのドアです。玄関の奥行きを気にせずに使用できるのが魅力です。また、デッドスペースがないため玄関を幅広く使用する事ができるのです。

親子ドアのメリット

様々な種類がある中で親子ドアを採用するメリットとは何でしょうか。ここからは親子ドアのメリットや魅力をご紹介していきます。

子扉を開けると玄関を幅広く使用できる

親子ドアでは通常時は親扉のみにハンドルをつけて開け閉めします。片開きドアと同じ感覚で使用するイメージです。しかし、子扉も開け閉めする事が出来るので幅広く玄関を使用したい時に使用できるのが特徴です。

車椅子を使用したい場合やベッドやタンスなどの大きな家具を搬入する場合、片開きドアだと幅が足りない場合があります。そのような時に親子ドアにしておくとスムーズに出入りが出来るようになるのです。

子扉にガラスを使用する事で、採光性を高める事ができる

玄関は採光性が低く家の中でも暗くなりやすい場所です。玄関ドアにガラスを多く使用すれば採光性を高める事ができますが、片開きドアの場合あまり多くガラスを使用してしまうと玄関の中が見えてしまうなどのデメリットもあります。

親子ドアであれば子扉がついているので、そちらにガラスを多く使用する事ができます。採光性を高められるので玄関を明るく、暖かくする事が出来るのです。

両開きドアよりも予算が安い

両開きドアも玄関を広く使用するには良いのですが、数ある玄関ドアの中では高価な種類の玄関ドアとなっています。親子ドアの場合は両開きドアよりも予算が安く玄関を広く使うことができるので、予算と用途のバランスを取りやすいのです。

親子ドアの人気シリーズを紹介

日本の主要メーカーは各シリーズで片開きドアや親子ドア、両開きドアなど様々な玄関ドアの種類を発売していることが多いです。気に入った玄関ドアのシリーズがあれば親子ドアがないか探してみましょう。

ここからは中でも親子ドアがある人気シリーズを紹介していきます。

LIXIL ジエスタ2

ジエスタ2はLIXILの主要シリーズであり、豊富なデザインラインナップとスマートキーを活用したエントリーシステムが特徴となっています。

大きく分けて7パターンあるデザインコンセプトそれぞれに豊富なカラーバリエーションが揃っているので、木目調やシンプルモダン系など自分の気に入ったデザインを見つけられるでしょう。

また、標準でカザスプラスが搭載されており、ボタンを押してカードをかざすだけで鍵の開け閉めをすることができます。簡単に開け閉め出来るので、高齢者でも操作しやすくなっています。

YKKAP 高断熱玄関ドア イノベスト D70 D50

イノベストは高断熱の玄関ドアとして人気です。窓や玄関ドアからの熱の流出は52%と言われており、家を暖かく保つためには重要な箇所です。イノベストは高性能な断熱パネルやトリプルガラスを採用することで外気から家を守り、居間と玄関の温度差も低く保つことができます。

断熱性能に特化したD70とデザインバリエーションも豊富で断熱性能も高くしているD50があるので、デザインの希望にも応えられるラインナップとなっています。

バリアフリーな家とは?

親子ドアは玄関をより広く使うことができるのでバリアフリーデザインと言えます。バリアフリーとは障がい者や高齢者にとって危険や負担のある物理的障害を減らした家づくりのこと。玄関をより広く使えるようにすると転倒リスクも少なく、車イスでも広々と通れるようになります。他にはどのような工夫をすると良いのでしょうか?

段差にスロープをつける

玄関ドアを出てすぐや玄関ドアから廊下に上がる際には段差があることが多いです。段差があると車イスは一人で移動出来ませんし、高齢者にとっても足腰への負担が大きいです。そこで、段差にスロープをつけてあげるとスムーズに移動できるので、障がい者や高齢者にとって優しい家となるでしょう。

手すりやベンチをつける

玄関で靴を脱着する際に腰を屈めるという動作は足や腰に負担となります。その負担を軽減するためにベンチを玄関に置くと良いでしょう。また、廊下を歩く際にも手すりがあると転倒するリスクを軽減させることができます。

まとめ

親子ドアやバリアフリーな家づくりについてご紹介しました。

親子ドアは予算をそこまで高くすることなく、玄関を広く使えるハイブリッドなドアとなっています。玄関の採光や通風を取りやすくもなるのでぜひ活用してください。