最近注目の引き戸のメリット。茨城での引き戸の事例も紹介

最近、引き戸の人気が高まっています。引き戸の種類やデザインバリエーションも豊富に発売されるようになっているのですが、人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

今回は引き戸のメリットや費用相場を紹介します。たくさんの魅力が詰まっている引き戸をリフォームの際にはぜひ考えてみてください。

引き戸とは?

引き戸とはドアを横にスライドさせて開け閉めするドアの種類のことです。昔の日本家屋では玄関ドアは引き戸が主流でした。しかし、洋風な戸建住宅が主流となると開き戸というドアを押し引きして開け閉めするタイプが主流となります。

現在では玄関ドアでは主流とは言えませんが、家の部屋を仕切っているドアや収納のドアでは多く見られます。引き戸の中でも種類があるのでチェックしましょう。

片引き戸

引き戸が片方に一枚ついており、その引き戸をスライドさせることでドアの開け閉めを行います。シンプルな作りとなっており、スペースがそれほどなくてもドアを取り付けられるのが特徴です。

引き違い戸

ドアを2枚互い違いにつけており、スライドさせることでドアの開け閉めを行います。どちらのドアもスライドさせることができ、用途に合わせてスペースを活用させることができます。玄関ドアでは一般的なタイプの引き戸です。

両引き戸

片引き戸を2枚両側につけたようなタイプの扉です。どちらのドアも開けると非常に広く使うことができるのですが、幅を広く取っていないとそもそも両引き戸を設置することができません。

引き戸のメリット

引き戸は非常に多くのメリットがあり、最近ではそのメリットが生活に合うということで見直されています。引き戸のメリットを見ていきましょう。

玄関の奥行きを気にしなくて良い

開き戸だとドアを押し引きするので、その押し引きする玄関ドアの通り道のスペースは活用することができません。しかし、引き戸は横にスライドさせるだけなので、玄関のスペースを全て活用することができるのです。

あまり、広く玄関スペースを取れない方は引き戸にすることで、靴や傘、観葉植物など玄関に置くものも狭くなりすぎずに置くことができます。

玄関の幅を広く使うことができる

引き戸の場合はドアを横に全てスライドすれば玄関ドアの幅を目一杯使用することができます。開き戸の場合はどうしてもデッドスペースが出来てしまうので、目一杯使うことができません。高齢者や車イスなど玄関ドアの幅を広く使用したい方にとっては引き戸の方が向いているでしょう。

玄関ドアの開け閉めがスムーズに出来る

引き戸は横にスライドさせるだけなので、子供や高齢者にとっても開けやすいタイプのドアです。また、買い物帰りなどで手に荷物をたくさん持っている時でも一度開けてしまえば閉まらないタイプなので便利でしょう。

車イスの方がいる時は引き戸の良さが最大限に発揮されます。開き戸だと一人で通行するのはかなり難しいですが、引き戸なら一人で開け閉めから出入りまですることが出来るのです。

採光を取りやすい

玄関ドアを引き戸にする場合は引き違い戸が一般的ですが、そもそもドアが2枚タイプなので2枚ともガラスを多く採用するデザインにすれば採光は片開き戸などの開き戸よりも取りやすくなります。

また、ランマ(玄関ドアの上につける小窓)も引き戸の場合つけやすいので、ランマをつけるとより明るい玄関にすることが出来るのです。

引き戸の費用相場は?

玄関引き戸は15万円〜30万円程度となっています。片引き戸と引き違い戸にはそこまで種類による価格差はありません。両引き戸は使用する部材が多くなる分他よりも高くなります。現在は素材やデザインも豊富にあるので、価格帯の中でも豊富なバリエーションの中から選ぶことが出来るようになっています。

高断熱引き戸

玄関ドアを引き戸にする弱点は断熱にあります。あまり玄関ドアを分厚くしてしまうとドアの開け閉めがスムーズにできなくなってしまいますし、引き戸はガラスを多く採用するデザインが多いので開き戸よりも断熱性能に劣る場合が多いのです。

しかし、最近では断熱性能をあげた玄関ドアが開発されています。LIXILでは「PGシリーズ」が高断熱の玄関ドアとして発表しています。価格は通常の引き戸よりも高めになりますが、玄関を暖かく快適にすることが出来るのです。

スマートキータイプ

玄関引き戸でもスマートキーを使用することができます。スマートキーとは鍵穴に鍵を差し込まず、カードをかざしたりボタンを押すことで鍵の開け閉めをするタイプです。スマートキーにすると鍵の開け閉めもスムーズに行うことが出来るので、より高齢者や障がい者、子供にとって優しい玄関にすることが出来るでしょう。

茨城での引き戸の事例を紹介

( 施工前 )

( 施工後 )

玄関ドアを開き戸から引き戸にした事例です。片引き戸タイプにすることで、そこまで広くない玄関の幅でも引き戸を実現させています。袖やランマを無くして引き戸にすることで出入り口の幅も高さもアップし、ゆったりとした空間を実現させています。引き戸のデザインには格子状にガラスを入れることで、彩光も確保しており明るい玄関にもなっています。

まとめ

今回は引き戸についてご紹介しました。

茨城でも多数引き戸の交換事例があります。それだけ引き戸のメリットに注目が集まっているのです。玄関ドアの一候補として引き戸も検討してみてください。

 

玄関引き戸の人気の秘密とは?つくばでの施工事例も紹介

一時期、玄関に引き戸を採用することはほとんどない時代もありましたが、最近また玄関に引き戸を採用する数が多くなっています。引き戸の人気の秘密とは何でしょうか?

つくばでの実際の施工事例も紹介するので、一緒に引き戸を考えてみましょう。

引き戸の費用相場

玄関引き戸の基礎知識をまず押さえておきましょう。一般の玄関ドアとどのような点が違うのか、費用相場はどの程度なのかをご紹介します。

引き戸と開き戸

まずは引き戸の特徴を押さえておきましょう。玄関ドアは引き戸と開き戸の2種類に大きく分かれます。引き戸とはドアを横にスライドさせて開け閉めするタイプのドアです。開き戸とはドアを押したり引いたりするタイプのドアです。

引き戸の費用相場

引き戸の費用相場は15万円〜30万円となっています。開き戸の中で一番シンプルな片開き戸は10万円〜25万円が費用相場なので、若干引き戸の方が高いと言えるでしょう。しかし、他のタイプの開き戸とは費用相場はそこまで変わらないです。

玄関を引き戸にするメリット・デメリット

引き戸は現在でも家の中の扉としては一般的に使用されています。その引き戸を玄関ドアに採用するメリット・デメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか?

玄関ドアを引き戸にするメリット

玄関周りのスペースを有効に活用できる

引き戸はドアを横にスライドさせるタイプなので、奥行きを気にする必要がありません。ドアのすぐ近くのスペースにも傘立てや観葉植物などを置けるのです。また、家をコンパクトに作る場合玄関スペースも狭くなる場合があります。そのような時でも引き戸を採用すると靴の脱着がスムーズにできるようなスペースを確保することができます。

玄関ドアの開け閉めが簡単

引き戸は玄関ドアの開け閉めにそこまで力を必要としないので、子供でも簡単に開け閉めすることができます。また、車イスの方でも自力で開けられる構造なので、バリアフリーな家にすることが出来るでしょう。

荷物をたくさん持っていたり、大きな荷物を搬入するときにいちいち玄関ドアが閉まってしまうことにイライラした経験はありませんか?引き戸であれば玄関ドアを一度開けてしまえば閉まることがないので、そのような時でもスムーズに出入りすることができます。

玄関を幅広く使うことができる

引き戸の場合、ドアを開け放つとデッドスペースをなくすことができるため、玄関の幅を開き戸よりもスムーズに広く使うことができます。特に車イスの場合、玄関の幅をギリギリに取って開き戸だと通れるスペースを確保するためにはかなりドアを開ける労力が必要となるので引き戸の方が向いているでしょう。

玄関ドアを引き戸にするデメリット

引き戸にするためには玄関の幅が必要

デメリットというよりも条件という感じですが、そもそも玄関ドアを引き戸にするためには玄関に幅がなければなりません。片引き戸の場合は引き違い戸よりも幅を少なく取ることも可能ではありますが、構造も制限を受けます。

玄関を引き戸にしたい場合は、まずリフォーム会社に相談して引き戸にできる玄関かどうかを確認してからにしましょう。

断熱性能を上げづらい

玄関は家の構造上、熱が逃げやすい箇所です。なので、玄関ドアの断熱性能が重要となるのですが、引き戸の場合デザイン上ガラスを多く使うことや、ドアを重くしづらいことで断熱性能を上げづらいものとなっています。

ただ、断熱性能が上がっている引き戸も開発されているので、断熱性能も上げたい場合はぜひ相談してみてください。

玄関ドアを引き戸にするためには?工事費用相場も紹介

現在、開き戸の玄関ドアを引き戸にするためには玄関ドアの交換工事が必要となります。玄関ドアの交換工事は現在、カバー工法と呼ばれる工法が主流となり昔よりもかなり手軽に交換できるようになっています。

カバー工法とは既存の玄関ドアの枠組みを利用して新たな玄関ドアを装着する工法です。工期も費用も圧縮することができて、非常に良い工法です。ただし、既存の玄関ドアの枠組みを大きく外れるようになってしまうとカバー工法が使用できない場合もあるのです。

玄関ドアの工事費用相場は?

カバー工法を使用できるかどうかで工事費用はかなり変わってきます。カバー工法の場合は工事が簡単で部材もほとんど玄関ドアのみとなっているのでかなり安く工事することができます。費用相場としては5~10万円ほどとなっています。

カバー工法を使用できない場合は、枠組みを外す工事や時には壁を壊したり塗装をし直したりという工事が必要となります。その場合は、どの程度の工事になるかで費用にかなり差が出るのです。

カバー工法を使用できるかどうかはリフォーム会社に聞いてみないとわからないので、まずは相談してからにしましょう。

つくばでの施工事例を紹介

まとめ

引き戸の魅力と施工事例を紹介しました。

今後、バリアフリーの重要性が高まるにつれてますます引き戸の人気が高まることが予想されます。将来のことも考えて引き戸もぜひ考えてみてください。