【玄関・土間】リフォームすると良い点・気を付けたい注意点とは

みなさんは自分の家の玄関をもっと快適にしたい、今より広く魅力的な玄関にリフォームしたいなど考えたことはありませんか。

玄関のリフォームを考えた際に、候補のひとつとして提案したいのが「土間」のある玄関です。

土間というとあまり想像ができないという方や昔の住宅を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、現代の土間はデザインや用途においても昔と比べると、おしゃれで魅力的な面がたくさんあります。

この記事では、リフォームで玄関に土間を設置すると良い点やリフォームする際に気を付けたいことなどをお伝えしていきます。

これから玄関のリフォームを考えている方や土間に興味がある方などはぜひ、参考にしてみてください。

記事のポイント

・昔と今の住宅の「土間」の用途や違いについて説明しています。

・玄関をリフォームして土間を設けることの魅力やメリットが分かります。

・玄関に土間をリフォームする際に気を付けたい注意点をお伝えしています。

 

目次

 

土間について

「土間」について聞いたことはあるけれど、詳しくはよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

「土間」とは、屋内で土足で歩けるように作られたスペースのことです。

土間の材質は、土をはじめ漆喰でできた三和土(たたき)やコンクリートなどがあります。

昔ながらの古い住宅では履物などを脱いで上がる床との間に土間が設けられていることが多くありました。

昔の土間は、作業する場や台所として活用されていました。しかし、現在では土間の魅力が見直されてきており土間をおしゃれなダイニングやガレージ、ガーデニングやアトリエなど

昔とは異なり幅広い用途で土間を活用する住宅が増えてきています。

住宅のリフォームを考えている方は今ある玄関をリフォームして土間を設けるという選択肢もおすすめのリフォーム方法のひとつです。

 

関連コラム ↓

玄関の段差解消にリフォームをしよう|スロープの必要性や介護保険について紹介

【玄関に土間】リフォームすると良い点

では、玄関をリフォームして土間を設けるといったいどんな良い点があるのでしょうか。

広々とした空間になる

玄関に土間を設けると、玄関からつながる部屋との間に段差が生まれるため全体的に広々とした空間にができあがります。

毎日のように使用する玄関が開放的な空間になると、使用する家族もさらに快適な毎日を送ることができます。

収納に困らない

土間だからこそできる収納スペースとして、外からそのまま玄関に入り自転車やベビーカーを土間に置いて置けたり、大人数分の靴なども置いておけたりとさまざまな物を収納するスペースとして使用でき収納に困りません。

また、台風や強風などの悪天候のときにもそとにある物を土間に置いて避難させることもでき便利です。

用途の幅が広がる

玄関に土間があると、屋内であっても幅広い使い方ができます。

たとえば、趣味のガーデニングをするガレージとして自転車やバイクなどを置くことも可能です。

雨などの日には洗濯物を干したり、子供が外で遊べない時も子供の遊び場として使用したり、ペットの寝床や遊び場として活用することができます。

来客対応ができる

急な来客や家族や親せきの集まりなどがあった場合、人数が多くなってしまっても玄関に土間があれば履物の置き場所や待ち時間に困ることがなく、便利に使うことが可能です。

 

関連コラム ↓

茨城・埼玉・栃木で失敗しない玄関リフォームを そのために知っておきたいこと

 

【玄関・土間】リフォームの際に気を付けたいこと

つぎに、玄関に土間を設けるリフォームする際に、気を付けたい注意点をお伝えしていきます。

底冷えに気を付ける

土間の素材は土や三和土、コンクリートなどからできているため、寒い季節には特に底冷えをしやすいという特徴があります。

底冷え対策として断熱効果の高い素材を使用する、床暖房などの暖房設備を整えるなどをしておくと安心です。

また、土間と隣接する部屋に仕切りを設けたりカーテンを設置するなど工夫をするとさらに効果的です。

汚れに気を付ける

土間は土足で出入りするため、外からの汚れやホコリなどを持ち込みやすく知らないうちに汚れがたまってしまいます。頑固な汚れなどは、落ちなくなってしまう可能性もあります。

土足で使用できる土間をいつも綺麗に保つためには、汚れても水などで落としやすいタイルのような素材を使用したり、こまめに掃除を行ったりと普段から汚れやホコリをためないようにすることが大切です。

段差に気を付ける

玄関に土間を設置する際には、土間と上がる床との間の「段差」にも気を付けるとよいでしょう。

リフォーム時には、問題ないと思っていた段差だったとしても将来のことを考えると思ったより高い段差になっており土間の出入りが困難になってしまう可能性があります。

土間を設ける際には、将来のことを考えて段差は高めにせずに低めにしておくとよいでしょう。

また、お年寄りの方や小さいお子さんがいる家庭なども出入りがなるべくしやすいように土間と床との段差を低めにしておくことをおすすめします。

茨城県の玄関ドアリフォームは「アキバG&R」へ

いまある玄関ドアが古くなって開け閉めしづらい、勝手口ドアの防犯が気になってきた

玄関ドアの種類を変えたい、思い切って最新の設備のあるドアへリフォームを考えているなど

玄関ドアや勝手口ドアのお悩み・困りなごとはありませんか。

 

茨城県を中心に玄関ドアのリフォーム・修理などを行っている「株式会社アキバG&R」が、お客様のさまざまな玄関ドアのお悩みを解決いたします。

玄関ドアや勝手口ドアをリフォームする際に気になるのが、ドア本体の費用だけでなく工事費用なども必要になってくるためリフォームにどのくらいの費用がかかるのかが分かりづらいという点です。

アキバG&Rでは、そのような分かりづらいリフォーム費用を明確にしてさらにお客様に満足していただけるよう今だけのお得な「工事費コミコミキャンペーン」を実施しております。

 

人気のYKK APやLIXIL、三協アルミなど主要3社の商品を取りそろえており、お値段も最大50%オフになるたいへんお得なキャンペーンです。

ぜひ興味のある方や玄関ドアのリフォームをお考えの方はこの機会にお問い合わせ、ご相談ください。

玄関ドアや勝手口ドアを、最新の機能の付いたドアにリフォームすることで防犯面や安全面などの心配が無くなり今よりさらに快適な毎日を送ることが可能になります。

弊社は、メールでのお問い合わせを24時間受付ておりますのでお気軽に何でもご相談ください。

メールのお問い合わせはこちらから

 

施工エリアについて

「株式会社アキバG&R」の施工エリアについて、お伝えします。私たちは茨城県つくばエリア・茨城県西エリアを中心に関東北部でリフォームを承っております。

茨城県

下妻市、筑西市、八千代町、坂東市、常総市、つくば市、土浦市、つくばみらい市、守谷市、かすみがうら市、小美玉市、石岡市、桜川氏、結城市、五霞町、境町、龍ヶ崎市、牛久市 ほか

埼玉県東部

春日部市、久喜市、越谷市、幸手市ほか

栃木県南部

宇都宮市、真岡市、下野市、栃木市、小山市ほか

千葉県西部

野田市、我孫子市、松戸市、柏市ほか