玄関ドアをおしゃれにする飾りは?基礎知識もご紹介

玄関は「家の顔」とも言える場所であり、家の外観の雰囲気を作る大事な場所でもあります。そんな玄関を「どうせならオシャレにしたい」と思う方は多いのではないでしょうか?

オシャレな玄関ドアにするためには玄関ドア自体も大事ですが、玄関ドアを彩る飾りも大事になります。今回はそんな玄関ドアを彩る飾りをご紹介していきます。ぜひ、玄関ドアをオシャレにして家全体を華やかにしてみましょう。

玄関ドアの基礎知識

まずは、基本となる玄関ドアについてご紹介していきます。玄関ドア自体をどうするかもオシャレな玄関にするためには大事なポイントとなります。ぜひ、玄関ドアもお気に入りの一枚を見つけてみてください。

玄関ドアの種類

玄関ドアと一口に言ってもいくつかの種類があります。まずはこの玄関ドアの種類について押さえておきましょう。

まず、大きく分けると玄関ドアは「開き戸」と「引き戸」の2種類に分かれます。開き戸とは玄関ドアについているハンドルやレバーを押したり引いたりして開け閉めを行うものです。どちらかと言うと洋風な家に使われることが多いですが、現在は一般的なドアとなっています。引き戸とは玄関ドアを取っ手などで横にスライドさせて開け閉めするものです。一昔前までは引き戸の方が一般的であり、どちらかと言うと和風の家に多い方式となります。

現在は開き戸の方が一般的になっており、販売されているドアも開き戸の方が多いです。なのでオシャレなドアを選ぼうと思うと自然と開き戸になっていました。しかし、最近では引き戸もメリットが見直されてきており、オシャレな引き戸も出てきています。なので、ぜひ引き戸も検討してみてください。

それでは、開き戸についてもう少し詳しく見てみましょう。

片開きドア

玄関ドア一枚を使っているシンプルな開き戸です。マンションなどにも使われており一般的な開き戸となります。価格も抑えることができて、色や素材など様々なものが発売されているので、選べる種類が多いのも特徴となります。

親子ドア

大きさの異なる扉2枚を使っている開き戸となります。基本的には大きい扉(親扉)を開け閉めするのですが、大きな荷物を出し入れするときなどでは小さい扉(子扉)も開け閉めすることができ、玄関を大きく使うことが出来ます。

両開きドア

大きさの同じ扉2枚を使っている開き戸となります。どちらにもハンドルやレバーをつけており、どちらのドアも普段から使うことができます。玄関を広く使うことが出来るのと同時に玄関を豪華な雰囲気にすることが出来ます。

ランマ、袖とは?

玄関ドアを選んでいると「ランマ」「袖」と言う言葉を聞くようになります。これは玄関ドアにつける小窓のようなものです。ランマは玄関ドアの上に小窓のようなものを付けることであり、袖は玄関ドアの横に小窓のようなものを付けることです。どちらも玄関を明るくすることができ、見た目にも玄関を広く見せることができます。

玄関ドアを選ぶポイントは?

玄関ドアの種類を理解すると、玄関ドア自体を変えたい時にどんなものにしたら良いかをイメージすることが出来るようになります。ここからは玄関ドア自体をオシャレなものにするために玄関ドアを選ぶポイントをご紹介します。

玄関をオシャレにするために、せっかくなので玄関ドア自体もオシャレなものにしてみましょう。

玄関ドアの素材

玄関ドアの素材は様々なものがあります。一般的に多いのはアルミやステンレスとなります。しかし、他にもスチールや木材が使われています。アルミ・ステンレス・スチールは見た目的には似ていますが、木材は見た目にも変わってくるので他とは違う玄関ドアにすることができます。

玄関ドアの色

玄関ドアの見た目は色によって大きく左右されてきます。白や黒、グレーなどのモノトーンが基本とはなりつつもパステルカラーのドアなどもあります。玄関ドアの色は家の外観の色に合わせて選ぶことが重要となっており、玄関ドアだけが浮かないようにすれば実は様々な色から選ぶことが出来るのです。

玄関ドアのデザイン

玄関ドア自体のデザインも多様なものがあります。カントリー風なデザインから、シンプルなデザイン、また引き戸にするとデザイン自体も変わってきます。玄関ドアの飾りも玄関ドアのデザインに合わせて選んでいくことで調和が取れるようになるのです。

玄関ドアの飾り

それでは、ここからは玄関ドアや玄関を彩る飾りについてご紹介していきます。ぜひ、参考にしてオシャレな玄関にしてみてください。

観葉植物

( 施工後 )

玄関ドアの飾りとして最もポピュラーなものが観葉植物です。観葉植物は植物自体の色に加えて植物を入れる花瓶や花壇などの色でも彩ることができます。緑だけではなく、赤や黄色の花を植えたり、青などの花瓶を使うことでカラフルになるのです。

観葉植物は見た目にも華やかになり、遠くから見てもわかる飾りとなるので、周りの方からも一目でオシャレな玄関だとわかります。しかし、面倒なこともあります。それは生き物なので毎日手入れをしなければならないということ。水やりなど大変でもありますが、ぜひ丁寧に育ててください。

ブリザードフラワー

観葉植物を置きたいけれど、手入れが大変という方にぴったりなのがブリザードフラワーです。観葉植物と同じように色とりどりの花を飾ることで彩りを出すことができて、更に水やりなどの手入れが不要です。

ブリザードフラワーはリースのようにして玄関ドアに直接付けるものや、花と同じように花瓶などに飾るものなど様々な種類のものがあるので、自分に合ったものを見つけて飾ってみるとそれだけで華やかな玄関になります。

表札

意外と大事なのが表札です。名前を知られたくないという理由で表札をつけないという方もいると思いますが、表札をつけるならこだわってみましょう。ラグジュアリーな雰囲気を出せる表札から可愛らしい表札、シンプルな表札と様々なものがあるので玄関をどんな雰囲気にしたいかを考えながら選んでください。

季節行事の飾り

玄関は季節行事の飾りを置くのにぴったりの場所です。正月はしめ縄飾り、クリスマスはクリスマスリースなど季節に合わせて様々なグッズがあります。最近ではハロウィンやひな祭り、端午の節句の際にもそれぞれ可愛い飾りがあるので、探してみると四季を味わえる玄関にすることができます。

玄関ドアを飾る時に気をつけたいポイント

玄関ドアを飾りでオシャレにすると家全体が華やかになり、家族も気持ちよく出入りすることができます。しかし、玄関ドアを飾る際には気をつけたいポイントもいくつかあるので押さえておきましょう。

玄関は清潔に

まず、飾りをしてもしなくても玄関は清潔に保つことが重要です。玄関は埃がたまりやすい場所であり、玄関に埃がたまるとそこから家の中に埃が入ってきてしまうので、定期的に掃除しましょう。

また、観葉植物を置いている場合には土や葉っぱが舞う場合もあるので、いつもよりも気をつけて掃除していく必要があります。

あまり飾りを置き過ぎない

玄関に飾りたいものがたくさんあって、色々飾りたい!という方もいると思いますが、飾りを置きすぎるとごちゃごちゃになってしまい、逆効果となってしまいます。自分で玄関全体を見ながらバランスよく配置しましょう。

玄関は季節感が表れやすい場所なので、飾りたいものがたくさんある方は玄関の飾りを季節によって交換していけば一年でたくさんの飾りを楽しむことができます。

まとめ

玄関ドアの飾りについてご紹介してきました。

玄関をオシャレにするためにはドアそのものも重要ですし、飾りも重要となります。バラバラに考えるのではなく、どんな玄関の雰囲気にしたいかで玄関ドアや飾りを考えてみてください。