玄関ドアのリフォームを考えている方や交換を考えている方は「カバー工法」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも、実際にカバー工法がどんな工法でどんなメリットがあるか知っていますか?

今回は玄関ドアのリフォームで使用されるカバー工法についてご紹介します。

玄関ドアのリフォームのカバー工法とは?

玄関ドア交換のリフォームでは現在カバー工法という方法を使うのが主流となっています。カバー工法は工事費用を抑え、工期を短くするといったたくさんのメリットがありますが、そもそもカバー工法とはどんな工法なのでしょうか?

カバー工法が現れるまでの玄関ドアの交換

玄関ドアの交換はもともといろんな業者が工事を行う大規模工事でした。ドアの周りの壁を壊してドアを取り外して、新たなドアを装着して周りを整備するという行程だったので、大工工事、サッシ工事、クロス工事、タイル工事、外壁工事などなど必要だったのです。

工期も壁を壊して修復するのでその分かかりますし、費用も色々な工事が重なる分、玄関ドアの費用以外に色々な工賃がかかっていたのです。

カバー工法とは?

カバー工法とは一言で言うと「元々の玄関ドアの枠組みにそこに新たな枠組みをつけてドアを交換する」という工法になります。元々の枠組みに新たな枠組みをカバーするように取り付けるのでカバー工法と呼ばれているのです。

カバー工法の場合、すでに埋め込まれている枠組みを利用するので周りの壁を壊す必要が無くなります。なので、まず工事が簡単になり大工工事やクロス、タイル、外壁などの工事も必要なくなります。サッシ工事のみでよくなるのです。

このカバー工法が現れたことで玄関ドアの交換リフォームは劇的に簡単になりました。費用や工期もあまりかからなくなったので、大規模工事だった玄関ドアの交換リフォームが一気に手軽なリフォームへと生まれ変わったのです。

カバー工法のメリット・デメリット

カバー工法について理解したところで、続いてはカバー工法のメリット・デメリットをご紹介します。メリット・デメリットをしっかり理解した上でリフォームを行いましょう。

カバー工法のメリット

何と言っても費用と工期を圧縮できるようになったことです。

カバー工法の工期圧縮

大工工事やクロス、タイル、外壁の工事がなくなったことで、まず依頼する業者の数が少なくなり簡単な工事となりました。カバー工法はドア本体とサッシを取り外して新たなドアを取り付けるだけという工事になったのです。

なんとカバー工法ならドアのタイプによっては半日、ほとんどの工事が1日以内で終わるようになっています。

カバー工法の費用圧縮

工期が短くなり、工事に関わる人も少なくなると当然費用も少なくなります。工期と同時に費用を圧縮することも出来るのです。

また、工事が少ないので工事の音やホコリなどもあまり出ることなく近所にかける迷惑も少なく済ませることができます。

カバー工法のデメリット

それではカバー工法のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

玄関ドアが小さくなる

既存の枠組みに被せるように新しいドアの枠組みを装着するのでその分ドアが小さくなる。幅で約5cm、高さで約3cmほど小さくなるのです。特に幅が小さくなると車椅子などが通れなくなる可能性も出てきます。玄関を目一杯使用する必要がある方は必ず確認しましょう。

ただし、親子ドア(異なる2つの扉を組み合わせたドア)や袖付きドア(ドアの横に窓のようなものを取り付けたドア)の場合は心配する必要はありません。メインのドアの幅は変えずに子扉や袖といった小さい方のドアや窓を小さくすれば調整できるからです。片開きドア(扉1枚のみのシンプルなドア)の場合は気をつけましょう。

玄関ドアの下枠に段差がつく場合がある

下枠の立ち上がりが2cm未満の場合、枠を新たにつけると段差ができる場合があります。最近のドアの場合は大丈夫であることが多いのですが、古いドアの場合は段差ができてしまいます。幅と同様車椅子の出入りなどで段差がない方が良い場合は下枠を取り外す、段差緩和材を入れて滑らかにするなどの対策が必要です。

玄関ドアの大きさを大きくするのが難しい

カバー工法は現在の玄関ドアの枠組みを利用して工事を行うので、基本的にはその枠組みより大きいドアは取り付けることはできません。

例えば片開きドアからドアの大きさはそのままに袖をつけたい、親子ドアにしたいといった工事は出来ないのです。ドアの種類を変えて枠組みよりも大きなドアを取り付けたい場合はカバー工法ではなく壁を壊して枠組みから装着する必要があるのです。

カバー工法の工事費用相場は?

玄関ドア交換をカバー工法で行うと費用を圧縮できるとご紹介しましたが、実際にどのくらい圧縮できるのでしょうか?

玄関ドア交換にかかる費用はカバー工法の場合「玄関ドアの価格」+「玄関ドアの設置費用」+「玄関ドアの撤去費用」となります。玄関ドアの価格はどの工法で行なっても変わらないため、販売価格を確認してください。

玄関ドアの設置費用と撤去費用はどの程度なのでしょうか。一般的に設置費用で4〜6万円、撤去費用で1〜2万円となっています。カバー工法の場合は合計で5〜8万円しか工事ではかからないのです。

カバー工法じゃない場合はこれ以外に外壁工事などたくさんの工事が必要なのでさらに高くなります。

玄関ドアを選ぶポイント

玄関ドアのリフォーム方法がわかったら、次は玄関ドアを選びます。ただ、玄関ドアは各メーカーから様々な種類、色のものが販売されているので迷う方も多いでしょう。

そこで、今回は玄関ドアを選ぶポイントをご紹介します。このポイントを押さえた上でお気に入りのドアをぜひ見つけてください。

玄関ドアの種類はできるだけ揃える

カバー工法のデメリットでもご紹介しましたが、玄関ドアの種類を変えるとカバー工法が使用できなくなる可能性があるので同じ種類のものにしておくと無難です。

玄関ドアの種類を変えたい場合は、どういった工事が必要になるか専門の業者に相談してからの方が良いでしょう。

玄関ドアの断熱性を考える

玄関は実は家の熱がたくさん逃げて行く場所です。玄関ドアの断熱性が低いとどんどん熱が逃げていくので冬寒い家になってしまいます。なので、玄関ドアの断熱性も気にしながら選んでみるとより快適に過ごすことができます。

玄関ドアは使い勝手が大事

玄関ドアはドアの種類もそうですが、取っ手や鍵もたくさんの種類があります。ドアは毎日使うものなので特に取っ手は重要なのです。プルプッシュ型やレバーハンドル型などは操作も簡単に行えるので、取っ手も考えながら選ぶと良いでしょう。

まとめ

玄関ドアのカバー工法についてご紹介してきました。

カバー工法が出来るようになって以降、玄関ドアの交換はかなり手軽に出来るようになりました。玄関ドアを変えると家の雰囲気をガラッと変えることができるので、ぜひお気に入りのドアを見つけて交換してみてください。