つくばの玄関ドアをリフォームする 開き戸と引き戸の違い

「行ってらっしゃい」「ただいま~」など、家族とのコミュニケーションをとれる場所としても大活躍の玄関。玄関ドアのデザインや形によっても、雰囲気や使い勝手も大きく変化します。

今回はつくばの生活を快適に過ごすために、玄関ドアの違いを解説します。

明るく、快適な玄関を・・・。アキバG&R からお届けします。

開き戸と引き戸の基本

玄関ドアのタイプは大きく分けて「開き戸」と「引き戸」に分かれます。これは玄関扉がどのように開閉するのかによって区別されています。それぞれのドアを比べてみましょう。

開き戸

引き戸は各メーカーからたくさんの製品の種類もあり、デザインやバリエーションも多く販売されています。どちらかと言えば洋風のデザインも多く、断熱性にも優れ、引き戸よりもスペースを取らない部分が特徴です。周囲の住宅を見渡すと、開き戸を使用しているご家庭も多く見かけます。開き戸と一言で表しても以下のように、たくさんのバリエーションに分かれます。

片開きドア

一枚の玄関扉が左右どちらかに開閉するタイプの玄関ドアです。日本の住宅でも多く利用されているタイプです。デザインや色はもちろんどれにしよう困ってしまうほどの商品数があります。狭いスペースであっても設置が可能という部分は最大の特徴でしょう。

親子ドア

大きな親扉と小さな子扉が一緒になったタイプの玄関扉です。主に玄関で出入りするのは親扉で行います。親扉と子扉を一緒に開閉すれば、いつもより一層大きく解放されるので、大きな荷物などもラクラクと搬入することもできます。

両開きドア

親子ドアとは違い、左右同じ大きさの扉がある玄関ドアです。通常のドアが2枚ある状態なので、玄関ドアのスペースは多く必要となります。大きく開閉できることから、開放感は一番高い玄関ドアです。

気密性や防犯性の高さを考えると、どうしても開き戸に軍配が上がりそうです。しかし通常開き戸の場合は外開きタイプが多く、扉全体を外側に引っ張らないと開閉できません。そのため小さいお子様や年配のご家族がいる場合は、扉の開閉の際には注意が必要です。

引き戸

以前よりもデザインやカラーバリエーションの種類も多くなりました。防犯面や断熱性の部分では開き戸に比べ不安視される所もありますが、近年の商品は性能もアップしてきています。引き戸の種類としては引き違い扉、片開き扉(2枚(3枚)片開き扉)、両引込み扉などがあります。

引き違い扉

引き戸のイメージで多いのはこの引き違い扉なのではないでしょうか。2枚の扉の左右どちらでも開閉できるのが特徴です。

片引き扉

左右の扉の内どちらかの扉をスライドさせ開閉させるタイプの玄関扉です。

メイン画像

また片引き扉には2枚タイプ、3枚タイプなどの開口部が広くできるバリエーションも選べます。バリアフリー住宅を目指す方にはおすすめの玄関ドアです。

メイン画像

開き戸と違い引き戸の場合、開閉が横の移動のため扉を開けるスペースが不要という部分は大きな魅力です。そして開閉もラクラクなので、ベビーカーや小さなお子様の出入りにも便利です。指などを挟むなどの危険性も少なく、その年代でも安心できる玄関ドアです。

玄関ドアの選び方

開き戸と引き戸だけでもたくさんの種類があります。ここでは自分たちのライフスタイルに合った玄関ドアを選ぶためのポイントをまとめましょう。

玄関ドアを選ぶポイント

○ 玄関を配置する間口サイズ確認や自分たちの求める機能を決定しましょう。

○ 素材やデザインはもちろん、光を取り込む(採光)、風を取り込む(通風)、断熱機能(断熱)、家族を守る(防犯)、使いやすさ(操作性)など、広い視野で検討しましょう。

玄関ドアの交換も進化しています

今までは玄関ドアのリフォームを行う場合、既存の玄関ドアを撤去して、コンクリートなどに埋め込まれている玄関枠を撤去し、玄関ドアのスペースを調整しながら新しい玄関ドアをはめ込み、コンクリートを補修する。このような長い工事期間が必要となっていました。その間は玄関の出入りにも苦労し、一番心配な部分は防犯面です。玄関をしっかりと施錠できないことは、不安の一言です。

※ 開き戸から引き戸、引き戸から開き戸など、ドアの形状を変更する場合は約1週間くらいの工事期間は必要となります。

現在は・・・あっという間に新しい玄関ドアへ交換が可能!

以前は時間がかかった玄関ドアの交換も、このカバー工法によって最短1日で完了します。

<玄関ドアリフォームの流れ>

 

 

 

 

 

 

1.今の玄関ドアを外して、玄関フレームだけにする

2.今のフレームに新しい枠を取り付ける

3.新しいドアを取り付ける

4.内側・外側に額縁を取り付ける

5.玄関リフォーム完了!

この施工がたった1日で完了し、家族が「おかえり!」と帰ってくる頃には、新しい玄関でお出迎えできます。

※ 現場の状況などにより施工時間は変化します。

※ 玄関ドアを交換するための費用としては、「玄関ドア商品価格」+ 「古い扉の撤去処分費」+「取付工事費用」がかかります。

カバー工法のデメリット

○ 既存のドア枠をそのまま利用した交換方法の場合はもっと短時間で工事が完了する反面、今現在のドアの状況と合わせる必要がありますので、ドアの選択の幅は必然的に狭くなってしまいます。

○ 今のフレームにカバーをするため、下枠の立ち上がりに段差ができる場合があります。

○ 玄関ドアの枠組みを利用する方法のため、選択できるドアの種類が限られる場合があります。

玄関ドアを新しくして、快適な生活を

玄関ドアのリニューアルは、ビジュアル面の雰囲気の変化だけではなくさまざまな機能面での性能アップも期待できます。確かに家のリフォームやリニューアルには費用がかかります。玄関ドアの交換も例外ではありません。玄関を交換することに価値を見いだせるのかが大切なのです。

玄関をリニューアル デザインだけでなく耐久性もアップさせる

玄関のリニューアルでの醍醐味は、何と言ってもデザインの一新です。各メーカーも日々製品を改良・開発し、魅力的な商品を販売しています。そして玄関の素材にしてもいろいろな対策を施しています。今までであれば掃除しにくかった部分もサッと拭くだけできれいにできるなど、日々の清掃の軽減化も可能です。

つくばの気候にも対応する玄関に変身

玄関の通風性や断熱性能を高めることにより、玄関の空間だけでなく家全体の快適性も変化してきます。自然の恵みも多いつくばですが、つくば颪という北風が冬場には登場します。玄関ドアから断熱性を高めることにより、寒さに悩まされず玄関が快適になります。

玄関ドアの相談なら「アキバG&R」へ

お気軽にお問い合わせください

(株)アキバG&Rの事務所は、茨城県下妻市にあります。茨城県つくばエリア・茨城県西エリアを中心に、玄関ドア販売・施工を行っています。“地域に愛されて40年”今までに頂いた信頼を大切に、そして今まで以上の信頼を皆さまより頂けますように真心のこもったサービスをご提供したいと考えております。ぜひ玄関ドアの不安やお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。一緒に快適な空間づくりをしてみませんか。

 

(株)アキバG&R   お問合わせ:0296-43-3445

ホームページ:https://akibaglass.com/current/

===============================

玄関・窓のリフォームは、専門業者である弊社にお任せ下さい。

総合業者には出来ない、お値段・サービスで対応致します。

弊社はお客様の快適で安全な生活をサポートするため、

玄関などの出入口や窓の改善をご提案させて頂いております。

また、省エネ効果の高い商品のご提案などで地球にやさしい

エコな生活を応援しています。

===============================